本文へスキップ

Miwa Group, The Institute for Solid State Physics (ISSP), The University of Tokyo

Our group accepts students in the Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo. If you are interested in joining us, please contact Shinji Miwa directly by email (see Information on Entrance Examinations for Graduate Students and Research Students). For researchers, we support the application for JSPS-fellowship.

三輪研究室は東京大学 大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻に所属し、大学院生を募集しています。いつでも見学できますので、東京大学の学生に限らず大学院進学希望者で興味がある方は三輪准教授にメールで気軽にご連絡下さい。実験室見学に加えて新メンバーのための研究テーマを説明します。共同研究や日本学術振興会特別研究員に関する問い合わせも歓迎します。

About us

We study a novel spintronics device using quantum materials with an atomically controlled interface. (Research)

私たちの身の回りは磁性体(磁石)であふれています。三輪研究室では磁性の主要因であり電子の自転角運動量に相当する「スピン」の性質がナノの世界で顕著に現れることに着目し、これを利用して高度なレベルでエレクトロニクスを実現する「量子スピントロニクス」の研究を行います。(研究内容)

News

2020.10.9
Our paper on "Chirality-induced effective magnetic field in an organic molecule" has been published.
S. Miwa et al., Chirality-induced effective magnetic field in a phthalocyanine molecule, Applied Physics Express in press.

キラル分子を用いた磁気的現象に関する論文をApplied Physics Express誌に発表しました。理化学研究所宮島Gr・近藤上級研究員・荒岡Gr、東京大学大谷Grとの共同研究成果です。
2020.10.1
Shiga joined our group as a postdoctoral fellow.
Guo joined our group.

志賀雅亘さんが特任研究員として加わりました。
郭子涵さんが研究生に加わりました。
2020.7.13
Our paper on "Operando XMCD spectroscopy on Ni" has been published.
R. Miyakaze et al., Voltage-controlled magnetic anisotropy in an ultrathin nickel film studied by operando x-ray magnetic circular dichroism spectroscopy, Phys. Rev. B 102, 014419 (2020).

宮風里紗さん(修士卒業)らの論文をPhysical Review B誌に発表しました。Ni薄膜のオペランドX線磁気円二色性分光を行い、電圧磁気効果の機構を解明しました。JASRI中村Gr・大阪大学鈴木Grとの共同研究成果です。
2020.7.10
電気評論に解説記事が掲載されました。
特集: スピントロニクス 「磁気抵抗効果を使ったスピントロニクス現象」
2020.4.28
Our paper on "Large anomalous Nernst effect in a line-node magnet" has been published.
A. Sakai et al., Iron-based binary ferromagnets for transverse thermoelectric conversion, Nature 581, 53 (2020).

ラインノード磁性体Fe3Xの巨大な熱電効果に関する論文をNature誌に発表しました。東京大学中辻Gr・有田Gr、東北大学是常准教授、金沢大学石井Grとの共同研究成果です。(プレスリリース)
2020.4.21
Our paper on "Control of a topological antiferromagnetic state by using spin-orbit torque" has been published.
H. Tsai et al., Electrical manipulation of a topological antiferromagnetic state, Nature 580, 608(2020).

スピン軌道トルクによるトポロジカル反強磁性状態の制御に関する論文をNature誌に発表しました。東京大学中辻Gr・大谷Gr・有田Gr、産業技術総合研究所薬師寺Grとの共同研究成果です。(プレスリリース)
2020.4.1
Takahashi joined our group.

三輪研究室が3年目を迎えました。髙橋楽さんが修士課程に加わりました。
2019.12.13
Our paper on "Spin-transfer effect at metal-organic interface" has been published.
H. Gamou et al., Detection of spin transfer from metal to molecule by magnetoresistance measurement, Nano Lett. 20, 75 (2020).

磁性分子へのスピントランスファー効果に関する論文をNano Letters誌に発表しました。東北大学新田Gr、分子科学研究所南谷Gr、東京大学杉本Gr、高輝度光科学研究センター中村Grとの共同研究成果です。(プレスリリース)
2019.10.5
日本物理学会誌に解説記事が掲載されました。
最近の研究から「電界効果で界面の磁性を制御する」
2019.10.1
Sakamoto joined our group as a Research Associate.
Yu joined our group.

坂本祥哉さんが助教として加わりました。
禹文韜さんが研究生に加わりました。
2019.9.13
Our paper on "Rashba-Edelstein effect at metal-organic interface" has been published.
H. Isshiki et al., Realization of spin-dependent functionality by covering a metal surface with a single layer of molecules, Nano Lett. 19, 7119(2019).

分子と金属の界面におけるRashba-Edelstein効果に関する論文をNano Letters誌に発表しました。東京大学大谷Gr・杉本Gr・南谷講師、金沢大学石井Grとの共同研究成果です。(プレスリリース)
2019.8.28
電気学会誌に解説記事が掲載されました。
特集: スピントロニクス入門 「量子スピントロニクス現象を示す新物質について」
2019.6.1
まぐね(日本磁気学会誌)に解説記事が掲載されました。
特集: 放射光・中性子で視る磁気 「X線磁気円二色性分光を用いた金属磁性体の電界効果素子研究」
2019.5.16
Our paper on "X-ray magnetic circular dichroism spectroscopy" has been published.
S. Miwa et al., Microscopic origin of large perpenedidular magnetic anisotropy in an FeIr/MgO system, Phys. Rev. B 99, 184421 (2019).

XMCD分光を用いたFeIr合金における垂直磁気異方性の機構解明に関する論文をPhysical Review B誌に発表しました。産業技術総合研究所野崎Gr、東北大学白井Gr、高輝度光科学研究センター鈴木Gr・中村Gr、大阪大学鈴木Grとの共同研究成果です。
2019.4.22
Our paper on "reservoir computing" has been published.
T. Tsunegi et al., Physical reservoir computing based on spin torque oscillator with forced synchronization, Appl. Phys. Lett. 114, 164101 (2019).

ナノ磁石を用いたレザバコンピューティングの性能向上に関する論文をApplied Physics Letters誌に発表しました。産業技術総合研究所久保田Gr、東京大学中嶋准教授との共同研究成果です。(プレスリリース)
2019.4.17
Prof. Miwa received The Young Scientist's Prize.

三輪真嗣准教授が若手科学者賞を受賞しました。(リンク)
2019.4.1
Ando and Tsujikawa joined our group.

三輪研究室が2年目を迎えました。安藤遼哉さんと辻川貴也さんが修士課程に加わりました。
2019.3.25
古田大志さん(修士2年)が大阪大学大学院基礎工学研究科物質創成専攻 修士論文発表会で専攻賞を受賞しました。(写真)
2019.3.1
Our paper on "tunneling spectroscopy" has been published.
Y. Jibiki et al., Interface resonance in Fe/Pt/MgO multilayer structure with large voltage controlled magnetic anisotropy change, Appl. Phys. Lett. 114, 082405 (2019).

トンネル分光を利用した界面電子状態解明に関する論文をApplied Physics Letters誌に発表しました。大阪大学鈴木Gr、東北大学白井Gr、
物質材料研究機構大久保Grとの共同研究成果です。
2018.12.27
三輪真嗣准教授が平成30年度東京大学卓越研究員に選ばれました。
2018.11.29
Our review paper on "voltage controlled magnetic anisotropy" has been published.
電圧磁気効果のレビュー論文をJournal of Physics D: Applied Physics誌に発表しました。大阪大学鈴木Gr、高輝度光科学研究センター鈴木Gr・中村Gr、東北大学白井Gr、産業技術総合研究所野崎Grとの共同研究成果です。
S. Miwa et al., Perpedicular magnetic anisotropy and its electric-field-induced change at metal-dielectric interfaces, J. Phys. D: Appl. Phys. 52, 063001 (2019).
2018.11.27
Our paper on "thermally-driven spin-torque" has been published.
熱を利用した巨大スピントルクの論文をNature Nanotechnology誌に発表しました。産業技術総合研究所薬師寺Gr、フランスCNRS Dieny Grとの共同研究成果です。(プレスリリース)
M. Goto et al., Microwave amplification in a magnetic tunnel junction induced by heat-to-spin conversion at the nanoscale, Nat. Nanotechnol. 14, 40 (2019).
2018.10.23
Our paper on "voltage-controlled magnetic anisotropy in CoPd/MgO" has been published.
Joko Suwardyさん(博士3年)らの電圧磁気効果に関する論文をPhysical Review B誌に発表しました。大阪大学鈴木Grとの共同研究成果です。
J. Suwardy et al., Voltage-controlled magnetic anisotropy and voltage-induced Dzyaloshinskii-Moriya interaction change at the epitaxial Fe(001)/MgO(001) interface engineered by Co and Pd atomic-layer insertion, Phys. Rev. B 98, 144432 (2018).
2018.9.28
Our paper on "reservoir computing" has been published.
T. Furuta et al., Macromagnetic simulation for reservoir computing utilizing spin dynamics in magnetic tunnel junctions, Phys. Rev. Applied 10, 034063 (2018).

古田大志さん(修士2年)らの論文をPhysical Review Applied誌に発表しました。脳型演算の一種であるレザバコンピューティングがスピントロニクスデバイスに実装可能であることを示しました。京都大学藤井准教授、東京大学中嶋准教授、大阪大学鈴木Gr、産業技術総合研究所久保田Grとの共同研究成果です。
2018.9.19
Furuta received English presentation award in JSAP conference.

古田大志さん(修士2年)が2018年春季応用物理学会での発表に対して第9回英語講演奨励賞(主催:応用物理学会スピントロニクス研究会)を受賞しました。(リンク)
2018.9.3
Kato joined our group as a secretary.

加藤由紀子さんが秘書として加わりました。
2018.4.25
Call for Research Associate.

助教の公募を開始しました。〆切は7/27(金)必着です。
2018.4.21
Prof. Miwa received Funai award.

三輪真嗣准教授が第17回船井学術賞を受賞しました。(リンク)
2018.4.17
Prof. Miwa received Ichimura award.

三輪真嗣准教授が第50回市村学術賞を受賞しました。産業技術総合研究所の野崎隆行氏、京都大学の塩田陽一氏との共同受賞です。(リンク)
2018.4.1
Prof. Miwa has been transferred to The Instutute for Solid State Physics (ISSP), The University of Tokyo.

東京大学 物性研究所 量子物質研究グループに三輪研究室が発足しました。
2017.12.27
河辺健志さん(修士1年)らの論文をApplied Physics Express誌に発表しました。金属とフタロシアニン分子を用いた単結晶多層膜作製に成功しました。

T. Kawabe et al., Magnetic tunnel junction with Fe(001)/Co phthalocyanine/MgO(001) single-crystal multilayer, Appl. Phys. Express 11, 013201 (2018).
2017.12.26
河辺健志さん(修士1年)らの論文をPhysical Review B誌のRapid Communicationsに発表しました。強磁性金属における電界による軌道磁気モーメントの変化を世界で初めて捉え、Bruno理論が3d強磁性金属の電圧磁気効果に適用可能であることを示しました。東北大学白井Gr、高輝度光科学研究センター中村Grとの共同研究成果です。

T. Kawabe et al., Electric-field-induced changes of magnetic moments and magnetocrystalline anisotropy in ultrathin cobalt films, Phys. Rev. B 96, 220412(R) (2017).
2017.9.7
縄岡孝平博士が「応用物理学会 2017年秋季学術講演会 Poster Award」を受賞しました。(リンク)
2017.7.26
Physical Review X誌に論文を発表しました。金属と絶縁体の界面状態を利用し、新規スピン操作方法を発見しました。京都大学藤本博士との共同研究成果です。

S. Miwa et al., Strong bias on voltage-driven torque at epitaxial Fe-MgO interface, Phys. Rev. X 7, 031018 (2017).
2017.6.23
Nature Communications誌に論文を発表しました。金属と絶縁体の界面に外部から電界を印加すると多極子が誘起され、巨大電圧磁気効果が可能となることを示しました。高輝度光科学研究センター鈴木Gr・中村Gr、東北大学白井Gr、産業技術総合研究所野崎Gr、物質材料研究機構大久保Grとの共同研究成果です。(プレスリリース

S. Miwa et al., Voltage controlled interfacial magnetism through platinum orbits, Nat. Commun. 8, 15848 (2017).
2017.5.23
Applied Physics Express誌に論文を発表しました。EXAFS分光を利用し、電圧磁気効果は格子緩和を伴わない純粋に電気的な効果であることを示しました。高輝度光科学研究センター鈴木Gr、産業技術総合研究所野崎Grとの共同研究成果です。

M. Suzuki et al., Extended X-ray absorption fine structure analysis of voltage-induced effects in the interfacial atomic structure of Fe/Pt/MgO, Appl. Phys. Express 10, 063006 (2017)
.
2017.5.12
塚原拓也さん(修士2年)らの論文をJapanese Jounal of Applied Physics誌に発表しました。薄膜Feに対する放射光X線吸収分光を高感度化し、電界による磁気モーメントの変化を精密に評価しました。高輝度光科学研究センター鈴木Gr、産業技術総合研究所野崎Grとの共同研究成果です。

T. Tsukahara et al., Characterization of the magnetic moments of ultrathin Fe film in an external electric field via high-precision X-ray magnetic cicrular dichroism spectroscopy, Jpn. J. Appl. Phys. (Rapid Communications) 56, 060304 (2017)
.
2017.3.20
縄岡孝平さん(博士3年)が日本物理学会 領域3 第2回学生奨励賞を受賞しました。(リンク)

Access

A330, Miwa group, The Institute for Solid State Physics, 5-1-5 Kashiwanoha, Kashiwa, Chiba 277-8581, Japan

〒277-8581
千葉県柏市柏の葉5-1-5
東京大学 物性研究所 三輪研究室
 A330 TEL:04-7136-3301
 A329 TEL:04-7136-3300
 A320 TEL:04-7136-3334

Map